高配当株投資の資産推移

2022年4月3日更新

2012年から開始した高配当株投資。ここまでの約10年間、どのくらい資産が増えたのか、リターンはどれぐらいなのか、運用パフォーマンスを公開しています。

総資産推移

2012年はパソコンのデータが見当たらなかったため、2013年以降のパフォーマンスの推移となっています。

総資産追加投資年次パフォ
2013年2,63600.00%
2014年2,69802.35%
2015年2,93908.89%
2016年4,50281020.09%
2017年8,7142,87318.15%
2018年10,1703,270-15.14%
2019年15,5861,85629.60%
2020年16,3491,871-6.35%
2021年21,7691,50021.96%
2022年23,0141,1504.34%
単位:千円

※千円以下切り捨てのため、パフォーマンスの数字にズレが生じることがあります
※修正ディーツ法を採用。追加投資はパフォーマンスに含まず。
※配当金込み、税引き後、株主優待含まず。

クリックすると大きくなります

※2022年3月31日現在の数字。

過去10年を振り返ると、かなりの金額を株に突っこんでいる印象です()

2017年から2018年にかけて追加投資の金額が増えていますが、これは米国債10年物(ゼロクーポン債)が解約となった資金で、米国株運用をスタートしたためです。

運用パフォーマンス

2013年から直近の前月末時点における運用パフォーマンスは以下のとおりとなっています。

高配当株投資TOPIX
2013年0%0%
2014年2.35%8.08%
2015年11.46%18.81%
2016年30.62%16.61%
2017年37.88%39.57%
2018年6.05%14.73%
2019年36.16%32.18%
2020年22.76%38.58%
2021年46.91%52.99%
2022年49.76%49.36%
クリックすると大きくなります。

2020年のコロナショックをうまく乗り切れなかったため、現在のところTOPIXの成績とトントンといったところ。

ただ、高配当株投資の目的は配当金を増やすことにあります。目先の資産増減に気を取られることなく、ひたむきにマイペースで資産形成を続けていきます。

ポートフォリオ

高配当株投資の保有銘柄一覧を見る

月間成績

保有銘柄の月間運用成績を確認できます。

監視銘柄一覧

我が高配当株投資における投資対象銘柄を厳選してリスト化しました